TEL:027-343-6036
高崎市浜川町の循環器内科,呼吸器内科,内科 大山医院 〒370-0081 群馬県高崎市浜川町2242-1
24時間ネット受付

コラム

予防接種 舌下免疫療法 花粉症の方必見 花粉症に効く新しい治療法 AGA 男性型脱毛症でお困りの方 漢方 こんな症状でお悩みの方はこちら コラム
HOME»  コラム»  コラム»  高血圧のお話

高血圧のお話

高血圧のお話

毎日、暑い日が続いています。前回からだいぶ時間が経ってしまいました。
職場などの検診で、血圧が高いと指摘されたことはないでしょうか。今回は、高血圧のお話です。

  1. 血圧とは何?
    まず血圧とはなんでしょうか。心臓は、血液を全身に栄養や酸素を送り届けています。それで生命を維持できています。
    血圧とは、この血液が血管に加える圧力のことをいいます。少し細かいお話になりますが、心臓がぎゅっと一番収縮したときに血管にかかる圧力のことを収縮期血圧(いわゆる上の血圧)で、この時血圧はもっとも高くなります。反対に、全身をめぐった血液が心臓に戻るときには心臓が拡張しますが、このときの血圧を拡張期血圧といい、最も低くなります。(いわゆる下の血圧)
    高血圧とは、収縮血圧、拡張期血圧の両方またはいずれかが上昇して、血管に過度の圧力がかかっている状態を指します。
    では、どのくらいの高さになると、高血圧なのでしょうか。
    診察室で測定した血圧(病院・診療所等で医師・看護師により測定された血圧)が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上を、高血圧としています。
  2. どうして高血圧になるの?
    では、どうして高血圧になるのでしょうか。
    高血圧は、原因により一次性高血圧と二次性高血圧に分類されます。
    一次性高血圧は、本態性高血圧とも呼ばれ、その原因ははっきりしていませんが、食塩のとりすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、そして遺伝的要因などにより、高血圧の状態となっていると考えられ、高血圧の患者さんの大半が、この本態性高血圧です。
    一方、二次性高血圧は腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があるものを言います。こちらは、原因となる病気が治ると、高血圧も改善します。
  3. 高血圧は、沈黙の殺し屋
    高血圧を放っておくと、動脈硬化が進行し、やがて脳卒中、心臓病、腎臓病などの病気を引き起こします。高血圧の恐ろしさは、これらの高血圧合併症にあるのです。
    そして、これらの病気は、ほとんどの場合、何のまえぶれもなく突然襲いかかってきます。ある日突然、大動脈解離(以前は解離性大動脈瘤と言いました。)、心筋梗塞を起こしたり、脳卒中を起こしたりします。
    また、腎臓病は、かなり腎機能が悪くならないと症状が出ないと言われています。そして、腎機能が悪くにると高血圧となり、血圧が上がると腎機能が悪くなると言う悪循環に陥ります。そして、一旦進行してしまった動脈硬化は、元に戻すことは、現在では出来ません。
    ではどうすればいいのでしょうか。次回は、高血圧の症状と治療について、お話しします。

2017-07-21 10:23:27

コラム

 
PageTop