TEL:027-343-6036
高崎市浜川町の循環器内科,呼吸器内科,内科 大山医院 〒370-0081 群馬県高崎市浜川町2242-1
24時間ネット受付

コラム

予防接種 舌下免疫療法 花粉症の方必見 花粉症に効く新しい治療法 AGA 男性型脱毛症でお困りの方 漢方 こんな症状でお悩みの方はこちら コラム
HOME»  コラム»  コラム»  寒いときの入浴の注意

寒いときの入浴の注意

寒いときの入浴の注意

寒波の襲来があり、寒い日が続いていますが、寒いこの時期は、お風呂でゆっくり暖まりたいものです。しかし、冬期間の入浴には注意が必要です。と言うのも、入浴中の事故は冬が多く、事故の50%が12月から2月にかけて起きていると言われているからです。その原因の一つが、ヒートショック現象と言われています。ヒートショック現象とは、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することなどが原因となり起こる健康被害のことを言います。特に冬の寒い時期に、暖房の効いた暖かい部屋から、気温の低い脱衣所やトイレなどへ移動する際、室内の温度差によってヒートショック現象が起きやすくなります。
行動と血圧の関係を見てみましょう。

  • 居間(暖かい)⇒血圧正常
  • 脱衣所(寒い)⇒血圧上昇
  • 浴槽(暖かい)⇒血圧降下
  • 浴室から出る(寒い)⇒血圧上昇

このような血圧の変動によって、失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞を起こすことがあります。入浴時に急激な血圧低下により失神し、溺れて死亡するケースは、入浴時のヒートショックの典型的な例と言われています。
それでは、このような危険を避けるためには、どうしたらいいのでしょうか。

  1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
    先ほどのように、温度の急激な変化によって、血圧が大きく変動し、その結果失神し浴槽内で溺れることがあります。冬の寒い日は、浴中の死亡事故が増えることに注意して、入浴前には浴室や脱衣所を暖めましょう。浴槽にお湯を入れる時にシャワーを使ったり、お風呂が沸いたら、蓋を外して十分かき混ぜてから入るのもいいでしょう。
  2. お湯の温度は41度以下で、湯船に浸かるのは10分以内にしましょう。
    40から42度の間は日本人が好む温度ですが、42度を超えると、血栓(血の塊)が出来やすくなると言う恐い作用が出ることがわかっています。また、熱いお湯に長時間浸かっていると、のぼせてぼうっとするなどの意識障害や、体温が上昇することで熱中症を起こす危険もあります。湯船に浸かるのは、10分までを目安にするようにしましょう。
  3. 槽から急に立ち上がらない。
    湯船に浸かっていると、体にはお湯で水圧がかかり、血管は圧迫されています。その状態から急に立ち上がると体にかかっていた水圧が一気になくなり、圧迫されていた血管は一気に拡張し、血圧が低下し脳に行く血液が減り脳は貧血状態になり、意識がなくなり、その結果浴槽内に倒れ込んで溺れる危険があります。立ち上がるときは、てすりや浴槽の縁につかまってゆっくり立ち上がるようにしましょう。
  4. お酒が抜けてから入浴する、食後すぐの入浴は避ける。
    ある温泉で入浴中の事故について調べたことがあります。その結果、お酒を飲んだ後の事故が多かったことがわかりました。お酒を飲んだ後は、十分抜けてから入浴するようにしましょう。また、高齢者の場合は、食後に血圧が下がりすぎる食後低血圧で失神することがあるので、食後すぐの入浴は避けましょう。また、体調の悪い時も入浴は避けましょう。深夜、早朝は気温も低い上に、事故があった時に気づかれにくいため、なるべく避けたほうがいいと思われます。
  5. 入浴する前に、家族に一声かけて見回ってもらう。
    入浴中の事故が見つかるきっかけとして、普段よりも入浴時間が長いことがあげられます。また、発見が遅いと死亡につながる危険が高く、入浴中の事故で一旦心肺停止になると、蘇生が難しいと言われています。家族や同居している人がいる場合には、入浴する前に一声かけておきましょう。

2017-02-07 12:53:23

コラム

 
PageTop