TEL:027-343-6036
高崎市浜川町の循環器内科,呼吸器内科,内科 大山医院 〒370-0081 群馬県高崎市浜川町2242-1
24時間ネット受付

コラム

予防接種 舌下免疫療法 花粉症の方必見 花粉症に効く新しい治療法 AGA 男性型脱毛症でお困りの方 漢方 こんな症状でお悩みの方はこちら コラム
HOME»  コラム»  コラム»  当院の内科全般、診療について

当院の内科全般、診療について

当院の内科全般、診療について

当院では、循環器内科、呼吸器内科を中心に内科全般の診療を行っています。そのうち、呼吸器内科はわかりやすいと思います。もっとも身近な病気としては「かぜや上気道炎」、「急性気管支炎」、「肺炎」、「気管支喘息」などがあります。その他にも「肺気腫・慢性気管支炎(慢性閉塞性肺疾患 COPD)」、「肺がん」、「塵肺」、「間質性肺炎」などいろいろな病気があります。しかし、循環器内科については、どんな病気を診ているのか、ぴんと来ない方も多く、どんなときにかかったらいいのかわからない、と言われることがしばしばあります。
 辞書には、「循環」とは 「ひとまわりして元の場所や状態に帰り、それを繰り返すこと。」あるいは「同じ過程を繰り返したり、同じ経路を繰り返し通ったりする様のこと。」とあります。(一つの例として、高崎市内循環バス、ぐるりんを思い出してみて下さい。)人間の体を循環するものと言えば、血液ですが、それを循環させるものは、いわば循環のエンジンとしての心臓と、その通り道である血管になります。つまり、循環器内科とは、内科系の中で心臓や血管に関する病気を専門に診療する科のことになります。それでは、心臓や血管の病気にはどんなものがあるのでしょうか。心臓の病気としては、近年増加している狭心症・心筋梗塞、様々な不整脈、心臓弁膜症、各種の心筋症などがあります。また、血管の病気としては、動脈硬化が原因で起こる閉塞性動脈硬化症、太い動脈に起こる大動脈瘤などがあり、静脈の病気としては、足の静脈炎や静脈瘤(特にふくらはぎの辺りでミミズが這っている様に見えます。)などがあります。また、動脈硬化の原因となる高血圧も循環器内科の専門とするところです。では、どんなときに循環器内科を受診したら良いのでしょうか。
このような時には、是非受診して下さい。 胸や背中が痛くなったり苦しくなる、息切れする・息苦しくなる、動悸がする、脈が速い、脈が遅い、脈がとぎれる(あるいは脈が飛ぶ)、めまいがする・意識がなくなる、足がはれる・むくむ、歩くと足がだるくなる・痛くなる。また、検診や人間ドックで、 心臓に雑音が聞こえる、心電図に異常を指摘された、血圧が高い、コレステロールや中性脂肪が高い、血糖が高く糖尿 病が疑われる、尿酸が高いなどの生活習慣病を疑われた時です。時に、血圧が高い(200もある!)が何の症状もないので大丈夫だ、と言う方がいますが、これは大きな誤りです。高血圧も含め動脈硬化による病気は、かなり進行するまで症状がないため、放置しておくと、ある日突然襲いかかってきます。(たとえば、高血圧は、サイレント・キラー、静かな殺し屋と言われます。)それが、狭心症であり、心筋梗塞であり、脳梗塞・脳出血であり、大動脈瘤の破裂や急性大動脈解離です。また、高血圧を放置することで、腎臓が悪くなり最悪の場合、人工透析となることもあります。  次に、循環器内科ではどのような検査をするのか、お話ししましょう。心臓の検査としては、心電図、胸部レントゲン写真に加え、超音波心エコー検査がありますし、不整脈の検査としては、先ほどの心電図に加え、24時間心電図検査があります。また、動脈硬化は、以前は眼科の先生に依頼して眼底検査をしてもらうしかありませんでしたが、現在では、脈波伝播速度という検査をすると、動脈硬化の程度が、客観的に数字でわかるようになりました。また、動脈硬化の程度を見る別の検査としては、超音波頸動脈エコー検査があります。この検査では、実際に頸動脈の動脈硬化の程度を測定することが出来ます。当院では、これらの検査を受けられます。
 当院では、総合内科専門医、循環器専門医として、循環器内科、呼吸器内科にとどまらず、内科全般の診療を行っています。たとえば、スギ花粉症の舌下免疫療法も行っています。気になること、心配なことがあれば、お気軽にご相談下さい。

2016-11-29 13:51:06

コラム

 
PageTop